日吉メディアセンターについて

日吉メディアセンターについて

概要

日吉メディアセンターは『日吉図書館』を中心に、日吉を拠点とする3つの研究科のための『協生館図書室』、教員専用の『来往舎レファレンスライブラリー』、さらに『日吉保存書庫』を統合的に運用し、学内の他キャンパスのメディアセンターとも結びついたサービスを展開しながら、日吉キャンパスの学習・教育・研究活動を支援しています。

若さと活気にあふれた日吉キャンパスの入口に位置する日吉図書館は、旅をキーワードに、船をモチーフとして設計されました。館内は明るく開放的な雰囲気で、学習をサポートする幅広い主題の資料を揃えており、毎日大勢の学生が入館します。個人学習用、グループワーク向け、あるいはパソコン席など、それぞれの用途に適した多数の閲覧席が用意され、音楽や映画などを視聴するAVコーナーも充実しています。教員向けの学術書や研究資料は、研究者用フロアである4階と地下に置かれています。

毎年多くの新入生を迎える日吉図書館では、特に情報リテラシー教育に力を注いでおり、その実績は20年に及びます。スタッフが授業の中で「情報リテラシー入門」の講義を担当し、また教員と相談をしながらオーダーメードの「情報リテラシーセミナー」を実施することで、積極的な学習支援を行っています。さらに、先輩学生がレポートへの取り組み方やプレゼンテーションの基本をアドバイスする「学習相談」の活動も盛んです。

協生館4階にある落ち着いた雰囲気の協生館図書室は、3つの研究科(経営管理研究科(ビジネス・スクール)、システムデザイン・マネジメント研究科、メディアデザイン研究科)の所属者を利用対象とし、専門的な資料を備えて、その研究活動をサポートする役割を担っています。

刊行物

メディアセンターが発行している刊行物に関する情報です。機関誌「MediaNet(毎年)」や要覧は電子版も公開しています。

page top